7 ダホーン ミューSLX

鉄道趣味の小(大)道具の一つとして、折りたたみ自転車を購入しました。乗り鉄に飽き足らず、沿線歩き・サイクリング(今どきはポタリングというようです)を始めたのが20年あまり前です。輪行しますから軽いものが良いのですが、初代の愛車は12.5Kgでした。今の所有車は10.5Kgですが、年齢とともに日に日に重みを増すように感じられ、ももはや担いで歩道橋を渡る気にはなれず、幹線道路の長い赤信号をじっと待つようになりました。 そこで『軽さ最優先である程度の距離もこなせる折り畳みを』と、ショップにお願いして選んでもらったのが、8.6KgのミューSLXです。最近よく見かけるミニベロと呼ばれる小径タイヤをはいたヤツです。
c0276874_08203009.jpg

かっこ悪いですが乗ってしまえば見えないし、『ママチャリより走ってくれればいい』、くらいの期待しかしていません。20インチ バイクが走るわけないです。実用性よりもファッション性で売れているのかなと思います。ショップの人も「走行性に関してメリットはないですね」と言っていました。第一私自身が自転車趣味人ではありません。

ところが、現在まで数百キロ走って印象が一変しました。鉄道趣味のお供ではもったいなすぎます。本来の目的などどうでもよくなってしまって、折りたたみを買ったことを後悔しています。

26インチの一般的ロードバイクと比べて、着座位置もホイールベースも同じです。前後輪の径が小さい分、全長が短いだけです。
c0276874_19055292.jpg
ただ、ドライビング・ポジションからの眺めは、ミッドシップ スポーツカーのようなショートノーズです。
c0276874_19062284.jpg
走ってみると、まさにライトウェイト スポーツです。回頭性が良いけれども、直進性が悪くふらつきがちです。路面の荒れも直に手に伝わってきます。自転車界では小径車の弱点と考えられているようですが、逆にこれが病みつきになるのです。

26インチのアンカーに乗り換えます。このようにロングノーズで、直6フロントエンジン車風です。
c0276874_19064645.jpg

『あれっ?』と思うほど重厚です。高級感があると言ってもいいほどで、まさにグランドツアラーの趣です。しかしダイレクト感がなく、レスポンスも悪く、一瞬遅れてノーズが向きを変える感覚です。 

今一度SLXに乗ると、面白さが初乗り時よりも際立ちます。古き良きスポーツカー、スポーツカーらしいスポーツカーの走りです。高回転を維持しないとトルクが出ないエンジンとか、ストロークが大きく鈍くさいけれど、いかにもメカっぽいシフト感覚とかが、どういうわけか懐かしく思い出されます。

遠い昔、三日間だけ借りていた’70年型フェアレディZの乗り味です。直6エンジンを積んだFRですから、矛盾するのですが、要ははレイアウト(断るまでもなく自転車は全てミッドシップです)ではなくフロントの軽さです。現代の車は、ノーズに重量物がぎっしりと詰め込まれているので、軽でさえパワーアシスト付きです。技術力でそれと感じさせない味付けがされていますが、絶対的な質量、慣性モーメントが小さいミニベロの生の軽快感、俊敏性、ダイレクト感に接すると、86、ロードスターからGTR、911に至るまで(どれ一つとして乗ったことはありませんが)所有する喜びはあっても、運転感覚はVRゲームで代用が利くのではないかと想像します。

早くて快適なのはロードバイクですが『運転』が楽しいのはミニベロです。もう少しパワーのあるエンジンがあったら、せめてあと20%チューンアップできたら、こんなに楽しい乗り物はない・・・・・ということで、そこそこの体力と整備技術を身に着けようと努力を始めたところです。
達成した暁には、タイレル(6輪車とは無関係)CXか・・・
c0276874_19080563.jpg
CSIに買い替えたいです。
c0276874_19083195.jpg
フレームデザインが最高にかっこイイです。『Made In 讃岐』のブランドイメージもシブイ!




[PR]
# by tt-coleman | 2017-07-15 16:45 | Comments(0)

6 フル電化モジュール3題


HO & HOe(12.5mm)の3線式です。左側は120/000の鉄橋へ、右側は160Km対応の高速新線につながります。
c0276874_08185085.jpg
右線の架線は、合成素子のハンガーイヤーを装備した京急型(最近は西武池袋線でも見られる)です。

c0276874_08190942.jpg
旧日光軌道と鋼索線が連絡する馬返駅を想定していましたが、資料がほとんどなく配線も全く異なるので、設計変更しました。
特定のモデルはありませんが、馬返・峠・箱根湯本/3みたいになりました。
c0276874_08192878.jpg
右線につながるエアセクションモジュールです。 高規格高速線に切り替わる演出として、シンプルカテナリーがコンパウンドカテナリーと入れ替わります。
c0276874_08194769.jpg
反対側から見ます。シンプルカテナリーが退場します。

c0276874_08200705.jpg
架線は結局ダミーです。架線集電のために多大な努力と時間を費やしていますが、モジュールではハードルの高さが段違いです。


[PR]
# by tt-coleman | 2017-07-08 10:54 | HO | Comments(2)

5 ダブル・スリップ まとめ




10番 ダブル・スリップはバラストの着色など最終仕上げを残してほぼ完了です。 望遠モードの写真では良い感じに見えます。
c0276874_16431999.jpg

しかし分岐器部分だけで450mmあり、 個人宅でのレイアウトには不向きです。 その前に製作したノーズ可動式分岐器は、 高速線らしさを演出したくて、 フログ角度6度の10番としたのでそれに合わせた規格としています。 ちなみにシノハラの8番は8度弱、 PECOは6番相当で12度です。  見た目はゆったりして雄大ですが、 実用上は8番程度が妥当です。 製作する上でもHOスケールでは10番は限界ぎりぎりです。  

c0276874_16425153.jpg

どうしても実現したかった可動式 ( 実物はこっちの方が主流です ) K字クロス。 スペースが限られているので、 レールの位置決めは何度もやり直しました。 あちらを立てればこちらが立たずで、 全ての条件を満たす敷設位置はほぼ限定されます。
c0276874_16434814.jpg

トング・レールは手作業での製作は相当厳しいです。 本線内側レール2本は直線ですので、 トング・レールがきれいに密着します。
問題は外側です。 一番苦労したところです。
c0276874_16444948.jpg


画像ではもちろん、 肉眼でもほとんど認知できないのですが、 曲線は矢印のところから立ち上がっています。 そこにトング・レールの先端を合わせるのは事実上不可能です。 ぎりぎりまで頑張って50mm弱まで近付けました。 それでもご覧の通り、 くの字になっているのがはっきりわかります。 通過する列車の姿勢は全く乱れないのでOKです。
c0276874_16441776.jpg

もうひとつ調整にてこずったのがフログです。 レールの欠損はおよそ15mmですが、 ここまで詰めたらバック・ゲージがパンパンで、 車輪だけ単体で転がすとブレーキがかかってしまいますが、 車輛の重量で打ち消してくれるので、 最良の妥協点として位置決めしました。 
c0276874_16451759.jpg

色々想定外の妥協を強いられましたが、 一様完成にこぎつけました。 後は耐久性で17日の運転会が正念場です。 前回は可動部分が変形してショートが頻発しました。 

うまく行けば後は上まわり ( 架線 ) の設置に進むことにします。

[PR]
# by tt-coleman | 2016-01-07 19:32 | HO | Comments(3)

4 クロッシング可動式10番ダブル・スリップ 2

一般的な方法としては2基の6Pスイッチで、 トング・レールとK字クロスをセットで動かすことになります。 しかしそれでは単純な片渡り線や市販のダブル・スリップと何ら変わらず、 自作した意味が半減してしまいます。 列車の進行方向に応じて、 必要な部分だけが切り替わるところに妙味があるのです。 そのためには12Pスイッチが必要です。
c0276874_15164422.jpg
秋葉原のラジオ・デパートへ出かけました。 しかし1階を回ってみても12Pの両ハネ(の必要はないのですが、ベターです)は置いてありません。 2階へ上がり、 トグル・スイッチをたくさん置いてある店で聞くと、 「年に一つ出るかどうかだから、たいてい置いてないんじゃないですか? うちにはないですよ。」 ということなので、 「じゃー6P並べて使うので両ハネ4つください。」と言うと、 「一応回ってみたらどうですか、 他店の事はわかりませんから。」  そこで3階へあがると扱っている店がありました。


そういうわけで、 探していたものを入手出来たうえに、プラスアルファーとして、 思いがけずににちょっと良い気分で帰宅しました。

                       


結局K字クロス用に6P、 トングレール用に12P X 2になりました。
c0276874_18150864.jpg
c0276874_18152519.jpg


フログの極性切り替えの配線がまだです。 HOを始めて間もない10年余り前、 シノハラ模型に16.5mmのダブル・スリップを買いに行きました。 9mmを見慣れた目には、 フログの無電区間が長大に見え、 ”これでは通過できない(HOの台車はホイール・ベースもそれなりに長いからそんなことはありません)」なー” としげしげと眺めていたら、 私が何を考えているのか察したシノハラさんは、「フログに通電して切り替えスイッチつければいいんですよ!」といいます。 ”さすがに勘が鋭い” と感心したのを思い出しました。
c0276874_18154503.jpg



次回の運転会が11月1日です。 HNモジュール化しなければなりません。 既存の汎用型フレームと足回りは、 高低差のあるモジュールにもできるよう高さを抑えた仕様になっているので、 支柱を立てます。 時間的にちょっと苦しくなってきました。
c0276874_18160000.jpg
 


[PR]
# by tt-coleman | 2015-10-17 18:36 | HO | Comments(0)

3 クロッシング可動式 10番ダブル・スリップ

レールの敷設完了です。 前回未解決の課題については、 線路をわずかに横移動させて対処しました。 線路の描く弧が不自然にならない範囲で収まっています。 スパイクはまだ必要最小限で最後のダメ押しもしていません。
c0276874_16191616.jpg

新たな課題に直面しています。 分岐角6度では、 画像のようにフログ部分の線路の欠落がかなり長めになります。 ( 枕木は3mm幅のヒノキ材を5mmおきに貼ってあります。) ノーズ可動式にしたいところですが、 ポイント・マシンが新たに2台必要になります。
c0276874_16195411.jpg
名張方のモジュールでは上手く行きませんでしたが、 こちらの分岐器ではノーズとトング・レールが接近しているので、 2本のロッドを天秤棒でつなぎ、 1台のマシンで動かすことができるかもしれません。 しかし仮に上手く行くとしても工期が大幅に伸びてしまいますので、 フランジが通過する部分をかさ上げして対処することにします。
c0276874_16193785.jpg


さらに大きな問題が・・・・・ 1輪完全に脱輪するにしても台車の動きに違和感があります。
c0276874_16201847.jpg
軌間を確認すると部分的に16.8mmくらいあります。
c0276874_16205050.jpg
17mm以上のところもあります。 これでは京王車両が標準軌に乗り入れるようなものです。
c0276874_16211297.jpg
原因は、 不精をして逆光で作業をしたことによります。 以前にはありませんでしたが、 やはり視力の衰えがこういうところにも表れます。 思い切ってやり直します。 
c0276874_19352910.jpg


近所のノラ。 道路 (稀だけれども車も通ります。) の真ん中に寝ていることもしばしば。 朝晩は散歩の犬がひっきりなしに通りますが、 近づいても大方無視します。
c0276874_16215701.jpg
c0276874_16213553.jpg
c0276874_16221910.jpg


[PR]
# by tt-coleman | 2015-09-23 19:50 | HO | Comments(2)


鉄道模型 その他


by tt-coleman

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
おでかけ
HO
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月

お気に入りブログ

ぶつぶつ独り言2(うちの...
taka@でございます!
日が暮れる前にお片付け
かぼすちゃんとおさんぽ。
工房たけどん
はるなつあきふゆねこにまたたび

外部リンク

最新のコメント

こんばんは。UPさんにし..
by tt-coleman at 23:24
こんばんは、久しぶりの記..
by up1853 at 22:28
蛇足ながら、 N レイア..
by tt-coleman at 19:57
こんばんは。 今後につい..
by tt-coleman at 19:48
運転会、お疲れ様です。 ..
by up1853 at 16:31
こんばんは。それは模型の..
by tt-coleman at 23:17
お早うございます。 番..
by up1853 at 09:09

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7 ダホーン ミューSLX
at 2017-07-15 16:45
6 フル電化モジュール3題
at 2017-07-08 10:54
5 ダブル・スリップ まとめ
at 2016-01-07 19:32
4 クロッシング可動式10..
at 2015-10-17 18:36
3 クロッシング可動式 1..
at 2015-09-23 19:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
自転車・バイク

画像一覧