<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7 ダホーン ミューSLX

鉄道趣味の小(大)道具の一つとして、折りたたみ自転車を購入しました。乗り鉄に飽き足らず、沿線歩き・サイクリング(今どきはポタリングというようです)を始めたのが20年あまり前です。輪行しますから軽いものが良いのですが、初代の愛車は12.5Kgでした。今の所有車は10.5Kgですが、年齢とともに日に日に重みを増すように感じられ、ももはや担いで歩道橋を渡る気にはなれず、幹線道路の長い赤信号をじっと待つようになりました。 そこで『軽さ最優先である程度の距離もこなせる折り畳みを』と、ショップにお願いして選んでもらったのが、8.6KgのミューSLXです。最近よく見かけるミニベロと呼ばれる小径タイヤをはいたヤツです。
c0276874_08203009.jpg

かっこ悪いですが乗ってしまえば見えないし、『ママチャリより走ってくれればいい』、くらいの期待しかしていません。20インチ バイクが走るわけないです。実用性よりもファッション性で売れているのかなと思います。ショップの人も「走行性に関してメリットはないですね」と言っていました。第一私自身が自転車趣味人ではありません。

ところが、現在まで数百キロ走って印象が一変しました。鉄道趣味のお供ではもったいなすぎます。本来の目的などどうでもよくなってしまって、折りたたみを買ったことを後悔しています。

26インチの一般的ロードバイクと比べて、着座位置もホイールベースも同じです。前後輪の径が小さい分、全長が短いだけです。
c0276874_19055292.jpg
ただ、ドライビング・ポジションからの眺めは、ミッドシップ スポーツカーのようなショートノーズです。
c0276874_19062284.jpg
走ってみると、まさにライトウェイト スポーツです。回頭性が良いけれども、直進性が悪くふらつきがちです。路面の荒れも直に手に伝わってきます。自転車界では小径車の弱点と考えられているようですが、逆にこれが病みつきになるのです。

26インチのアンカーに乗り換えます。このようにロングノーズで、直6フロントエンジン車風です。
c0276874_19064645.jpg

『あれっ?』と思うほど重厚です。高級感があると言ってもいいほどで、まさにグランドツアラーの趣です。しかしダイレクト感がなく、レスポンスも悪く、一瞬遅れてノーズが向きを変える感覚です。 

今一度SLXに乗ると、面白さが初乗り時よりも際立ちます。古き良きスポーツカー、スポーツカーらしいスポーツカーの走りです。高回転を維持しないとトルクが出ないエンジンとか、ストロークが大きく鈍くさいけれど、いかにもメカっぽいシフト感覚とかが、どういうわけか懐かしく思い出されます。

遠い昔、三日間だけ借りていた’70年型フェアレディZの乗り味です。直6エンジンを積んだFRですから、矛盾するのですが、要ははレイアウト(断るまでもなく自転車は全てミッドシップです)ではなくフロントの軽さです。現代の車は、ノーズに重量物がぎっしりと詰め込まれているので、軽でさえパワーアシスト付きです。技術力でそれと感じさせない味付けがされていますが、絶対的な質量、慣性モーメントが小さいミニベロの生の軽快感、俊敏性、ダイレクト感に接すると、86、ロードスターからGTR、911に至るまで(どれ一つとして乗ったことはありませんが)所有する喜びはあっても、運転感覚はVRゲームで代用が利くのではないかと想像します。

早くて快適なのはロードバイクですが『運転』が楽しいのはミニベロです。もう少しパワーのあるエンジンがあったら、せめてあと20%チューンアップできたら、こんなに楽しい乗り物はない・・・・・ということで、そこそこの体力と整備技術を身に着けようと努力を始めたところです。
達成した暁には、タイレル(6輪車とは無関係)CXか・・・
c0276874_19080563.jpg
CSIに買い替えたいです。
c0276874_19083195.jpg
フレームデザインが最高にかっこイイです。『Made In 讃岐』のブランドイメージもシブイ!




[PR]
by tt-coleman | 2017-07-15 16:45 | Comments(2)

6 フル電化モジュール3題


HO & HOe(12.5mm)の3線式です。左側は120/000の鉄橋へ、右側は160Km対応の高速新線につながります。
c0276874_08185085.jpg
右線の架線は、合成素子のハンガーイヤーを装備した京急型(最近は西武池袋線でも見られる)です。

c0276874_08190942.jpg
旧日光軌道と鋼索線が連絡する馬返駅を想定していましたが、資料がほとんどなく配線も全く異なるので、設計変更しました。
特定のモデルはありませんが、馬返・峠・箱根湯本/3みたいになりました。
c0276874_08192878.jpg
右線につながるエアセクションモジュールです。 高規格高速線に切り替わる演出として、シンプルカテナリーがコンパウンドカテナリーと入れ替わります。
c0276874_08194769.jpg
反対側から見ます。シンプルカテナリーが退場します。

c0276874_08200705.jpg
架線は結局ダミーです。架線集電のために多大な努力と時間を費やしていますが、モジュールではハードルの高さが段違いです。


[PR]
by tt-coleman | 2017-07-08 10:54 | HO | Comments(2)


鉄道模型 その他


by tt-coleman

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
おでかけ
HO
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月

お気に入りブログ

ぶつぶつ独り言2(うちの...
taka@でございます!
日が暮れる前にお片付け
かぼすちゃんとおさんぽ。
工房たけどん
はるなつあきふゆねこにまたたび

外部リンク

最新のコメント

こんばんは。お久しぶりで..
by tt-coleman at 23:34
あら、久しぶりに来てみた..
by H.Kuma at 23:07
こんばんは。UPさんにし..
by tt-coleman at 23:24
こんばんは、久しぶりの記..
by up1853 at 22:28
蛇足ながら、 N レイア..
by tt-coleman at 19:57
こんばんは。 今後につい..
by tt-coleman at 19:48
運転会、お疲れ様です。 ..
by up1853 at 16:31
こんばんは。それは模型の..
by tt-coleman at 23:17
お早うございます。 番..
by up1853 at 09:09

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7 ダホーン ミューSLX
at 2017-07-15 16:45
6 フル電化モジュール3題
at 2017-07-08 10:54
5 ダブル・スリップ まとめ
at 2016-01-07 19:32
4 クロッシング可動式10..
at 2015-10-17 18:36
3 クロッシング可動式 1..
at 2015-09-23 19:50

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
自転車・バイク

画像一覧